<< 萌え萌え大戦争☆げんだいばーん+』の発売 | main | パナソニックなど白星発進 ラグビートップ >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.03.09 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    PS3/X360『ダークサイダーズ』サイ

    0
      KONAMIは、3月18日に発売するPS3/Xbox 360『ダークサイダーズ~審判の時~』の公式サイトをリニューアルオープンした. 『ダークサイダーズ~審判の時~』は、広大なフィールドを行き来しながら、剣や銃を駆使して敵と戦うアクションアドベンチャーゲーム. 『X-MEN』でおなじみクリエイター兼漫画家のジョー・マデュレイラさんが、世界設定やビジュアルを描いている. サイトには、天使や悪魔のアートワーク、キャラクターの紹介、作品のポイントをまとめたトレーラー"導きの書"などが追加されている. "導きの書"には、謎解きの攻略ヒントとなるような映像も含まれているので、購入予定の人は見ておこう. ただ、君を愛してる』がこの映画のアナザーストリーだということで予習として見てみました. 公開当時は広末涼子と松田龍平という組み合せに全く興味がありませんでしたが、監督が『トリック劇場版』の堤監督ということで見ることにしました. 瀬川誠人(松田龍平)が大学のキャンパスで偶然出会った里中静流(広末涼子)はどこか謎めいた魅力のある女子大生. そんな彼女の不思議な魅力を写真に収めようとするうちに恋に落ちる2人. 静流は誠人から写真を学び始めるが、彼女の才能に誠人は嫉妬し破局してしまう. 数年後NYで彼女が死んだことを聞いた彼は決して忘れることのできなかった彼女の存在の有無を確かめに単身NYへ旅立つというお話. 途中の行き過ぎたCGや小池栄子が演じたアヤ、そしてラストはいただけませんでしたがそれなりにいい映画でした. 何と言っても広末涼子がめちゃくちゃかわいいんです. 今まで彼女に全く興味ありませんでしたが、この映画だけは別ですね. 劇中の写真の素晴らしさよりも彼女の魅力を映像として残した監督の素晴らしさに敬服ですよ. この映画の中で登場する数々の写真もまたすごく印象的でしたね. 静流の作品には躍動感や生命力があるというか、なんか写真が生きているような印象を受けるんですよね. いい写真って見ているだけで被写体が今にも動き出しそうな感じがあって、流れる時間の一部を切り取っているだけなのに、その一枚にたくさんの思い出が詰まっているんですよね. 彼女の写真はまさにそんな作品ばかりでした. 対して誠人の作品は静かで落ち着いているのですが、言い換えればどこか無気力感のあるものでした. そんな彼が静流の見たものを自分の目で直接見て彼女を想うことで写真にも生きる力が宿っていく様はよかったですね. 映画全体を見ても東京のキャンパスでのお話は素敵でしたが、NYでは静流があまり出てこないこともあって何か物足りなさを感じてしまいましたね. 果たしてアナザーストーリーである『ただ、君を愛してる』はどうなっているのか、明日映画館で確かめてきます. ところでここでクイズです! マヨヌードルっておいしいですか? これも後日確かめて見たいと思います・・・. 深夜らじお@の映画館 は映画『手紙』をオススメします. 昨日の 『さよならゲーム』 に続きケビン・コスナーの野球三部作『フィールド・オブ・ドリームス』を今日の肴にします. 本当に野球が好きな人が挙げる野球映画と言えば『メジャーリーグ』よりもこの映画. 野球愛と人間愛に溢れた全編に涙した人も多い作品です. ある日「それを作れば彼が来る」という【声】を聞いた農夫が、とうもろこし畑を潰して野球場を造り始めます. 始めは大事な収入源である畑を潰すことに反対していた家族も信念に従って行動する彼を暖かく見守るようになります. やがて野球場が完成したとき、そこには夢のような出来事が起こり始めるというお話で、信じる事の尊さや愛する人を思う事の素晴らしさをファンタジーとして描いた感動作です. 『バタフライ・エフェクト』 でも描かれていましたが人生にはやり直しというものは効きません. 後悔の連続のうえに人生というものが成り立っているからです. しかしその人生最大の後悔、特に亡くなった人に対する後悔の念を晴らすことができる機会が訪れたら、誰もがその機会を逃すことはないでしょう. 私も愛犬を亡くしてもう1年以上経ちましたが、あの時もっとああしてればよかったとか、もっと散歩に行ってあげれたらという後悔の念は今もなお心に残っています. もし私がこの映画の主人公と同じように後悔の念を晴らす機会を得れたなら、おそらく仕事も趣味も後回しにするくらい必死になって愛犬との時間を作ると思います. 大切な者との時間が有限であるとより分かっているからそう感じるのだと思いますよ. そしてこの映画のラストは最高に気持ちいいです. あの果てしなく続く車のライトの列が希望の道にも見える気がしてたまりません! シャマラン監督の『サイン』とは違い、人の丈よりも高いとうもろこし畑から希望が見えてきそうな感じもいいです. あのとうもろこし畑を通り過ぎた先には何が待っているのか・・・一度あんな広いとうもろこし畑で一日を過ごしてみたいです. 深夜らじお@の映画館 は週末に『守護神』を見る予定です.

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.03.09 Wednesday
        • -
        • 08:08
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << July 2018 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM